我らがルメールのサトノダイヤモンド推しな発言

里見オーナー悲願のダービー制覇なんですが

今年はなんとかなるかもしれないムードが出てきています。

去年は2頭も出走させるも2着3着と本当に悔しい結果だったと思います。

今年のサトノダイヤモンドは別格な馬なので今年こそは・・って思ってる

方も多いのではないでしょうか。

その弥生賞は、ルメール騎手騎乗のマカヒキ(牡3歳)が勝ちました。
その結果、ずっと手綱を取ってきたサトノダイヤモンド(牡3歳)と、ルメール騎手がクラシックではどちらに乗るのか注視していました。
すると、意外にあっさりとサトノダイヤモンドに騎乗することが発表されました。サトノダイヤモンドを選んだ理由を教えてください。

「どちらも強い馬だから、ボクにとってはすごくディフィカルト・チョイスでしたね。
でも、マカヒキと違って、サトノダイヤモンドは新馬のときからボクが乗り続けてきた馬ですからね。
そこが、大きな理由のひとつです。最初に騎乗して、すごく強い馬だと認めて、ずっと一緒に戦ってきて、期待どおりの結果を残してきてくれた。
そういう馬と、ともにクラシックを戦いたい、と思ったわけです。あと、距離2400mへの対応力を考えると、マカヒキよりもサトノダイヤモンドのほうが上ではないか、と」-sportiva引用

というコメント見つけました。

噂では皐月賞はほとんど気にしていなく

最初からダービー狙いで調教や出走スケジュールを組んでいる

ということも聞きました。

今回サトノダイヤモンドが1着になったら本当にうれしいでしょうね。

というか1着になるサトノダイヤモンドかなり見たいです。

The following two tabs change content below.

管理人Z

このブログの管理人。当たる競馬予想ブログZといってるわりには大して当たらない予想を公開している者です。いつか当たる予想ばかりを公開できるようになりたいと思っています。

人気ブログランキング上位目指しています!!
応援クリックお願いします!


競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする